抜け毛とホルモンの関係

男性特有抜け毛について、様々な原因の存在が明らかになっています。

その中でも、最近は、ホルモンによる影響があることに注目が集まっています。
一般的には、男性ホルモンが薄毛や抜け毛に関係があると言われています。

男性ホルモンは体毛を濃くしたり、筋肉の発達に関係があると言われていますが、その一方で、男性ホルモンの過剰な分泌が抜け毛の原因になるなどと言われています。
男性ホルモンについての話は、一般論でしかありません。
現在は薄毛についても男性型脱毛症という正式名称があり、ホルモンについても薄毛の原因になっているであろうものが特定されています。

まず、直接の原因ではないのですが、テストステロンというホルモンがあります。
こちらは、一言で表すと、男性らしい特徴を形作るためのホルモンと言っていいでしょう。
生殖器の発達や、体毛、筋肉の形成や性欲などに関係があるホルモンです。
その役割を見ても、男性にとって大切なホルモンであることがわかります。

しかし、このテストステロンと言うホルモンが、ある酵素によって別の物質に変えられると、毛髪に悪影響を与えるようなのです。
酵素によって変化した後のホルモンは、ジヒドロテストステロンと呼ばれます。

ジヒドロステロンは、ひげや体毛を生やす役割がありますが、その一方で、髪の毛を細くしたり、髪がちゃんと成長するまえに抜け落としてしまったりという悪影響があります。
男性型脱毛症の治療の一つには、この酵素の働きを阻害するタイプのものがあります。
これはここ数年の間に世間に浸透し始めた薬となります。
しかし、その高い効果について多くの報告がなされています。

キーワード:

このページのトップへ