男性型脱毛症と治療

男性型脱毛症と言う言葉をご存知でしょうか。

それと似たような言葉は世の中にたくさんあるので、聞いたことがあるように思う方もいるでしょう。
男性型脱毛症とは、医学の世界で男性特有の抜け毛薄毛の症状を指すための、専門用語でもあります。

この言葉が利かれるようになったのは最近のことです。
専門用語がつくられ、世間的に知られるようになったということは、その専門的な治療法も確立されつつあることを示しています。

男性型脱毛症はAGAとも言われ、その症状は簡単に言うと加齢とともに髪が徐々に薄くなっていくものです。
男性型脱毛症の治療は、まず専門の病院に行くことです。
AGAの治療を行っている病院、もしくはAGAの治療を専門にしている病院に行きます。

まず最初に行うのは問診です。
生活習慣や親族の髪の状態など、薄毛に関係のある質問を受け、答えていきます。
それから治療が始まりますが、大切なのは長く定期的に続けることです。

男性型脱毛症の治療方法は様々ありますが、どれも即効性があるわけではありません。
しかし、地道にコツコツと続けていくと多くの場合成果が表れるようになっています
。特に、AGAの治療によく使われる薬がありますが、こちらは数か月から一年というスパンで定期的に使用することで、多くの結果が得られるようになっています。

この薬というのは、男性のホルモンの一部に対して効果を与えます。
抜け毛に関係があるテストステロンというホルモンがあり、テストステロン自体は抜け毛の原因ではないのですが、ある酵素がテストステロンを抜け毛の原因になる物質へと変化させてしまいます。
そこで、酵素の働きを阻害してやろうと言うのが、AGAの薬となります。

キーワード:

このページのトップへ