男性の抜け毛と食生活

男性抜け毛の原因には様々なものがありますが、その一つに食生活が挙げられます。

男性が抜け毛を意識し始める年齢はいくつくらいでしょう?
最も多いのは、30代を超えてからでしょうか。
しかし、20代の後半から、人は徐々に老化を始めます。

20代前半では毎日酒を飲んでも、徹夜で出勤しても、それほど疲れは感じなかったのに、20代後半になると徐々に無理をしなくなります。
それも、ある意味、老化の始まりを無意識のうちに感じているのかもしれません。

また、20代の後半ともなれば、多くの人は一人暮らしをしてそれなりの年月が経っていることでしょう。
したがって、気が付かないうちに、体に良くない生活習慣が身についている可能性もあります。
夜更かしを頻繁にしていたり、睡眠時間が日によってまちまちであったり、もしくは、食生活が乱れていることも考えられます。

食生活の乱れは、体に直接影響を与えることになります。
考えてみれば当然の話ですが、人間の体は食べたものからつくられています。
ですから、食べる物に偏りがあれば、その分体にも変調をきたすのです。
髪もその一つです。

髪の毛はタンパク質ミネラルでできており、頭皮は油や水分のバランスが大切な部分です。
これらの栄養素や成分は、偏った食生活によってダメージをうけ受けやすいものでもあります。
確かに抜け毛や薄毛は自然現象なのですが、あまりに早い段階での症状などは、まずは生活習慣や食生活の点を疑ってみるのがいいでしょう。

それらがきちんとしていなければ、髪はもちろん、体の様々な部分に悪影響があるでしょう。

キーワード:

このページのトップへ