男性の抜け毛とストレス

男性の悩みの一つとして抜け毛などの髪の問題があります。

抜け毛と聞いて、どのようなことをイメージするでしょうか。
風呂場でシャンプーをした際、排水溝にたくさんの抜け毛が溜まるようなシーンでしょうか?
もしくは、朝に目を覚まして、布団から起き上がったところ、枕の上にたくさんの抜け毛がついているという映像でしょうか?

いずれにしても、抜け毛というのは自然現象で、ある程度の年齢になると必ず起こることというイメージを持っているでしょう。

しかし、抜け毛の原因についてみていくと、加齢による自然現象の他に、ストレスが大きな割合を占めていることがわかります。
ストレスが原因の抜け毛は早期の薄毛の要因であることも多いのです。
つまり、薄毛は早くとも30代から始まる問題だと思っていたのに、20代のうちから薄毛の症状が出た場合などは、まずはストレスによる抜け毛の増加などを疑ってみるのがいいのです。

ストレスと髪とは非常に強い関係性をもっています。
例えば、円形脱毛症などは、ストレスが原因で発症する抜け毛の一種です。
女性でも子供でも起こりうる病気です。

また、精神的な負荷が原因で一時的に抜け毛の量が増加することもあります。
こちらも同じく、女性でも子供でも起こりうります。

このような例を見ると、抜け毛や薄毛は加齢だけによるものでなく、ストレスが原因であることが多いとわかるでしょう。
早期の抜け毛などが起こった場合は、生活習慣や普段の精神状態を見つめなおすのも大切でしょう。

キーワード:

このページのトップへ