男性特有の薄毛の原因とは

男性抜け毛原因としてまず思い浮かぶのは、遺伝的な要素です。

父親や、母方の祖父、もしくは彼らの男兄弟などを見ていくと、自分の家系での、髪にかんする遺伝的な特徴がある程度わかるものです。
父方も母方も薄毛がおおいならば、自分も必ず薄毛になる、などと言う話はよく聞くものです。
このよく言われている髪に関する遺伝的な話は、どれくらい信憑性があるのでしょうか。

確かに、髪についての遺伝的な性質は、見た目である程度は計ることはできます。
しかし、遺伝と言うのはそれほど単純なものではありません。

ごくごく単純な遺伝の話でも、生き物の遺伝的な要素はふたつあり、表に現れているものと、表には現れていないが確かに持っているものに分かれます。
ですから、先ほどの親戚の例でも、たまたま片方の性質が表に出ているだけで、それが必ず自分にも伝わっているかと言えばそれはわからないのです。

全く逆の性質、つまりここでは薄毛ではない遺伝子を、自分が持っている可能性だってあるのです。
薄毛の原因についての遺伝的な話は、深く踏み込んでいくとややこしくなります。
加えて、薄毛には遺伝以外の原因もたくさんあるのです。

代表的なものを挙げていけば、悪い食生活や各種のストレス不規則な生活運動不足などがあります。
これらはみな、健康を害する要因でもあります。
薄毛だけでなく、他の病気の原因にもなるでしょう。

また、使用しているシャンプーや化粧品が肌に合っていないことにより、薄毛や抜け毛の症状が出ることもあります。
また、ストレスとも関係がありますが、精神的な要因により、薄毛の症状が出ることもあります。

精神的な苦痛を一時的に受けた際、急激に薄毛の症状が進行し、ストレスの原因が排除された途端、再び髪が生え始めることもよくあるのです。

キーワード:

このページのトップへ