30代では遅い抜け毛対策

抜け毛は多くの男性が直面する問題だと思います。

特に、多くの人にとって抜け毛の症状が出始めるのは一般的に中年と呼ばれる年代、30代~40代となります。
30代を超え始めると、同年代の男性にもちらほら薄毛が目立つ方が増えてくるのではないでしょうか。

ある程度の年齢になってからの薄毛や抜け毛は、自然現象であることは確かです。
加えて、周囲の人間も同じように薄毛になっていくため、不安感や危機感はそれほどないかもしれません。
中には、薄毛を気にして対策を考えている人もいるでしょうが、30代で本格的に対策を始めることに抵抗感があるかもしれません。

しかし、抜け毛対策を始める年齢として、30代は遅いと言ってもいいくらいです。

人間の成長は遅くとも20代の半ばほどで終了し、その後は老化が始まります。
20代で老化が始まると言うのは違和感がありますが、抜け毛の量なども同時期から増加し始める傾向にあります。
人によって個人差はありますが、多かれ少なかれ、老化は早い段階から始まっているのです。
そう考えると、抜け毛対策は20代の半ばから始めるのが最善と言えるでしょう。

実際のところ、20代の半ばで本格的な抜け毛対策をしている方はかなり少ないでしょう。
平均的な人にくらべて早い段階で薄毛に悩んだ人くらいでしょう。
ただ、シャンプーやトニックなどを買う際、抜け毛予防と書いた商品を手にする割合はこの年代で増え始めます。

つまり、抜け毛が増えたという実感と、抜け毛対策への意識はあるのです。
しかし、実行に移そうとしないのがこの年代なのです。

キーワード:

このページのトップへ